一目均衡表とMACD

一目均衡表とMACDはテクニカル分析の一種であり、これらは取引の狙い目を見つけるために使われるテクニカル分析です。

一目均衡表

一目均衡表は基準線・転換線・遅行線の3本の線と先行スパンで作られた雲で構成されるテクニカル分析です。最初に確認するのは雲であり、この位置と厚さがどうなっているかがポイントです。

値動きの下にあれば上昇、上にあれば下降傾向の相場であると判断でき、雲が薄ければ相場としては弱く、厚ければ強いものと認識することができます。薄いと傾向を確認できても意味がないため、一定以上の厚さがある時が取引の狙い目と考えた方がいいでしょう

そして3本の線は取引の狙い目を表すものであり、転換線が基準線を突き抜ければ売買のシグナルが出たといえます。下から上に突き抜けて上がるのであれば買い、上から下に突き抜けて下がるのであれば売りのシグナルです。しかし基準線が同じ向きを向いていなければ意味がありません。

MACD

MACDの方は値動きとは別のところに表示されるテクニカル分析であり、二本の線が現在のトレンドと取引のタイミングを分析してくれます。二本の線とも上にあれば上昇トレンド、下にあれば下降トレンドであると判断できます。何よりもこのMACDはクロスによる取引の狙い目を判断するのがポイントであり、どちらかの線がもう片方にクロスすれば転換を現して売買ポイントとして働きます。