気を付けるべき業者選びの注意事項

こんな業者には気をつけよう!選んじゃいけない業者もあるぞ

国内業者と海外業者

バイナリーオプションの世界では国内業者と海外業者の間で雲泥の差があることが分かりましたね。基本的な規制やルールによる部分が大きいので国内業者だけを責めても仕方のないことなのですが、少なくとも現状では取引業者は海外業者の中から選ぶしかありません

しかし、海外業者の数もネットを検索してもらえればすぐに分かることですがとても多いのです。かなり昔からバイナリーオプションサービスを提供している老舗の海外業者もあれば、ここ数年や数ヶ月で日本市場に進出してきた企業まで様々です。基本的には長年人気となっている業者の方が安定感はあるのですが、新興業者の中にもかなり気の利いたサービスを提供している場合がありますので侮れません。

と、いうわけで今回は「少なくともこういう業者は避けた方が良いでしょう。」という業者選びのNGポイントについて解説していきたいと思います。まずは消去法で業者の選択肢を削っていこうという考え方ですね。

NGポイント①

業者選びのNGポイントその1は、「ペイアウト率が低い」です。ペイアウト率というのはバイナリーオプショントレードで予想が的中した際にトレーダーが手に入れることのできる利益率のことです。ペイアウト率が180%なのであれば、1000円の投資に対して1800円が払い戻されるという意味です。当然のことながらこのペイアウト率は高ければ高いほどトレーダーが儲かることになります。ペイアウト率は業者がそれぞれリアルタイムに独自に設定しているものですが、業者によっては常に200%や300%といったとても高いペイアウト率を固定的に提示している所もあります。しかし、その一方で160%前後のペイアウト率しか用意できないという業者もありかなり温度差があるのです。業者を選ぶ際には少なくとも平均的なペイアウト率が170%を越えている業者を選ぶようにしましょう。

NGポイント②

二つ目のNGポイントは「出金ルールが柔軟であるかどうか」です。特に初回入金時にキャッシュボーナスを受け取った際、その後の出金に制限が掛けられてしまうことが多いのですが、これが業者とトレーダーとの間に起こるトラブルの原因として一番多くなっているのです。キャッシュボーナスの金額の大きさだけに目を奪われてしまうと、かなり多くの取引回数をこなさなければ出金ができなくなってしまい不便な思いをする事があります。事前に出金条件はしっかりとチェックしてから業者を選ぶようにしましょう。