トレンドとローソク足

トレンドとローソク足

チャートを見る上で大事なのはトレンドとローソク足の状態です。トレンドは相場の値動きが偏っている状態になっており、値動きが分かりやすい状態になっているため取引の際に予想がしやすい状態となっています。上がっているのは上昇トレンド、下がっているのは下降トレンドいい、上昇トレンドの時は安値と安値、下降トレンドの時は高値と高値を一本の線で結んでトレンドラインを形成し、ラインを目安にして取引をしていくのがいいです。

ローソク足は実体と呼ばれる四角い物体とひげと呼ばれる一本の線で構成された時間帯の値動きを表す情報源です。このローソク足の状態によって相場の傾向とこれからの値動きを予測することができます

ローソク足の実体は陽線と陰線の2種類があり、このどちらの種類が割合として多いかで現在の相場が上昇か下降、どちらの傾向にあるか把握することができます。更にひげがない状態の丸坊主の場合は種類に沿った動きをするため、必ずではありませんが丸坊主になった時は取引のチャンスともいえます

逆にひげがある場合はひげの長さによって予想ができ、ひげが異常に長い方向は反発の力が強いため、逆の方向に動きやすい状態です。しかし陽線か陰線、そして直前のローソク足の状態によっても本当にその通りの動きをするとは限らないため、全体を見てローソク足の軌跡を確認して判断することも大事です。