テクニカル分析とは

テクニカル分析

テクニカル分析とは過去の値動きから、相場がこれからどう動くかを予想する方法であり、基本的に相場の分析はこれを利用していくのが一般的となります。

テクニカル分析自体は現在では多様な種類が存在し、最も基本的で他の種類へと派生元となったものとしては移動平均線があります。こちらは短期・中期・長期と過去の値動きから計算して3本の線を形成するものであり、移動平均線自体が抵抗線として機能する場面も多いため、これを見るだけで現在の相場の傾向を判断することができます。

また、線がクロスした時を売買のシグナルとして取引のタイミングを見計らうこともできます。他にもグランビルの法則という売買するポイントを見極めるものがありますが、こちらは実際に調べて確認した方が早いでしょう。

移動平均線に限らず基本的には線の動きや位置から相場の傾向と取引のタイミングを見計らうものばかりです。

おすすめとしてはボリンジャーバンドを挙げさせていただきましょう。これは3本の線が範囲ごとに表示されて、それぞれの線を越える確率はかなり低いものと設定されています。その特性のためか逆張りで使われることが多いですが、その真価はトレンドが発生している時であり、トレンド状態の時は1本目と2本目の間に値動きをするため順張りとして使うことができます。

実際にどんなテクニカル分析がその人に合うかは取引スタイルとその人の感性によっても変わってきます。色々試してみて、自分に合うと感じるテクニカル分析を探してみるといいでしょう。