相場の値動きは時間帯によって変わる

相場の値動きは時間帯によって変わる

バイナリーオプションは投資であり、投資は勝手に動くのではなくその取引対象となる銘柄に投資をするトレーダーからの売買があって動くものです。どのようなトレーダーが参加するかどうかで動きも変わってくるものであり、そのために時間帯によって動きが変わってくるのです。この時間帯による流れの変化もバイナリーオプションを攻略したいと考えるのであれば把握しておきたいポイントとなっています。基本的に相場の時間帯は大きく3種類に分けることができます。

■東京市場

最初は東京市場でありこれは日本の時間帯において朝から夕方、16時程度までを指します。この時間帯は他の国のトレーダーが参加することは少ないため相場の流れも緩やかであり大きく動くことは少ないです。しかし何かしら大きな情報があればこの時間帯でも動く可能性が存在することには気をつける必要があります。その情報を考えずにこの時間帯において動きが出てくる可能性が高い時間としては9時から11時辺りとなっています。そのため取引するのであればこの時間帯を狙うのがいいでしょう。

■ロンドン市場

次がロンドン市場でありその名の通りにヨーロッパのトレーダー達が参戦してきます。時間帯としては16時辺りから深夜2時辺りの範囲であり、ヨーロッパ勢が参戦してくるため相場の動きも東京市場に比べると大きくなる可能性が高く、場合によってはその東京市場での流れがこの時間帯になることで大きく変わってしまうこともあります。変わる可能性を考えるとロンドン市場が始まる境目で乗り越しで取引をするようにしない方がいいでしょう。

■ニューヨーク市場

最後はニューヨーク市場であり深夜10時から深夜を通す時間帯が範囲となっています。このニューヨーク市場は大きな影響力を持つ投資のトレーダーが介入してくる時間帯であり全ての相場の中でも最も動きが激しくなりやすいとされています。動きが激しくなりやすいためにその流れを予想するのは難しいことであり、差額の利益が期待できるFXであればそれを読むことができればチャンスとなりますが、バイナリーオプションの場合には上下に振り回されて損失が出てしまう危険性の方が高いです。

しかし逆に大きく動くということはワンタッチの取引ルールにおいては指定されたラインに到達する可能性があるということにもなります。必ず到達するとは限りませんがワンタッチを始めとしたラインに到達する系統の取引ルールを利用するのであればチャンスともいえる時間帯です。基本的にバイナリーオプションで取引していくのであれば東京かロンドンのどちらかの市場で取引するのがいいです。