ファンダメンタル分析とは

ファンダメンタル分析

ファンダメンタル分析は相場を見るのではなく、経済や政治といったニュースの情報から相場がどう動くかを予想するものです。現に外国為替は通貨を扱う市場であるため、通貨に関わる情報があれば何かしらの影響が出てそれが値動きとして出てくる場合があります。このニュースでの値動きはテクニカル分析の法則も容易く無効にしてしまう程の動きをする時もあるため、投資をしていくのであればこの分析を利用するのも避けられません。

自分が取引する通貨に関わるニュースを集めるのが一般的ですが、基本的には業者側が提示する経済指標を中心に取引の分析をしていくことになります。経済指標は経済に関する発表をするものであり、大抵は発表時間が決まっているものです。そして時間が来ればその情報によって投資家達が動くため、チャートを見れば分かると思いますが、その時間帯は異常な動きになっていることが多いです。

しかし、必ず動くわけではなく、動いたとしても少しだけということもあるため、単純に経済指標が来たら動くと思わず、それまでの情報のことも考えて判断しなければいけません。

ファンダメンタル分析を利用するのであれば、おすすめとしては雇用統計の時を狙うのがいいでしょう。雇用統計は月に1回存在する経済指標の中でも特に重要な指標であり、これが発表されたらほぼ確実に大きな動きをするのは間違いないです。場合によっては普段は狙えない高額な利益を狙える可能性もあるため、これがいつあるかを確認しておき、当日は時間が来るまで待機しているといいでしょう。