バイナリーの攻略法

バイナリーオプションで使えるテクニカル分析

今の生活を変えるチャンスはバイナリーオプション!?

バイナリーオプションでお金持ちになることが出来れば、人生でやりたいことが沢山叶うと思います。また無理にサラリーマン生活をする必要もなくなります。悲しいことですが、日本人の多くはサラリーマン生活を好んでいないようです。よく「宝くじが当たったら会社を辞めたい」というセリフを耳にしますが、それくらい会社を嫌っている人が多いというわけです。今の生活から抜け出すという意味でも、バイナリーオプションは重要なアイテムだと言えます。

バイナリーオプションで結果を残す人は、正しいやり方で投資をしています。逆に結果を残せない人は、ギャンブルのような行動を取っているのです。バイナリーオプションは投資ですから、ギャンブルと同じようなやり方をしていては負けて当然です。また運任せというのは、リスク管理が全くできないので避けるべきです。冷静になって考えれば分かりますが、自分の大切なお金を投資するわけですから、根拠の有るトレードをしたいものです。根拠があれば自信もつきますし、精神的にもラクになっていくと思います。

取引成功者が利用するテクニカル分析のやり方とは

バイナリーオプションとテクニカル分析は相性が良いということは、成功者の間では常識になっています。チャートでトレンドを把握して、RSIなどの指標を使って売買のタイミングを掴んでいくスタイルです。こうしたテクニカル重視なスタイルは、バイナリーオプションを機械的に取り扱うことが出来ます。機械的な投資は、自分の気持ちに左右されないので、安定感があります。気分でころころ変えてしまうのは、永続的な利益獲得を遠ざけてしまうと心得てください。せっかく投資をするのですから、長期間利益を得たいものです。たまたま勝てても、何の意味もありません。こうしたバイナリーオプションの実力を付けるように、日頃から気を付けていきましょう。

テクニカル分析の代名詞的存在が、移動平均線になります。移動平均線を利用すれば、様々な相場の動向を把握することができます。成功者でも移動平均線をチェックする人は多いです。一度チャートの見方を勉強すれば、あとはずっと使えるようになります。食わず嫌いで勉強していない人もいるようですが、それではお金を稼ぐチャンスを、自ら手放すようなものです。もちろんテクニカル分析が全てというつもりはありません。ただ、客観的にみても、テクニカル分析がバイナリーオプション攻略に役立つのは間違いがありません。それだけ実績のある攻略方法なのです。

テクニカルとファンダメンタルの融合!具体例がコレ!

①ファンダメンタル分析を先に調査する

それでは今回はもっと実践的に、ファンダメンタル分析とテクニカル分析をどのように使いこなしていけばいいのかを考えていきましょう。ファンダメンタル分析とテクニカル分析は敢えて組み合わせようとするのではなく、それぞれの分析結果が自然と影響しあうようなイメージになります。

まず、ファンダメンタル分析は気持ちを落ち着かせて、ゆっくりとパソコンに向かいながら行いましょう。前日の経済指標の発表内容や経済関連の重大ニュースを丁寧にネットを使ってチェックしていきます。この時全ての国のニュースを見るのではなく自分がトレードする国や通貨関連のニュースだけで十分です。そして、経済指標発表後の相場の動向を確認し、ポジティブに反応しているのかネガティブに反応しているのかを見極めます。更に、数ヶ月や1年といったペースでその通貨ペアが上下どちらに動きそうなのかをメモ書き程度でいいので残しておきます。この時点ではまだあくまでも感覚的なものでも構いません。ファンダメンタル分析ではなるべく俯瞰的に、かつ長期目線で状況を把握しておくことが重要なのです。

もっと細かく整理するのであれば、金利動向・景気動向・政治的イベントの三つに分けてコメントを残すようにしておくと後々便利です。それぞれの内容について定期的に確認し、変更する必要があるのかないのかを調べれば過去との状況変化が分かりやすくなるのです。

②テクニカル分析でトレードチャンスを探る

ファンダメンタル分析による状況の把握ができたら次はテクニカル分析を行い実際のトレードに入っていきます。まず、日足・1時間足・10分足を使ってトレンドラインを引いていきましょう。それぞれの方向性に違いが無ければその方向に強いトレンドが発生していると考えられますのでトレードチャンスです。

次に、オシレーター系の指標を使って過熱感を確認します。まだまだ上値余地(下値余地)がありそうなら経済指標の発表直前でない限り少額を投入してみましょう。思い通りに利益となれば間髪いれずに次のポジションを投入します。逆に負けてしまった場合は一旦ストップです。移動平均線やトレンド系の分析手法で更に細かく状況をチェックしていきます

このような作業を可能な限り同時に複数の通貨ペアに対して行います。慣れないうちはかなり忙しいと思いますが、同時に見ることのできる通貨ペアが増えれば増えるほど利益のチャンスが広がるのです。

国内と海外ではどちらが攻略しやすいのか?

現代の投資は場所やリスクを抑えたバイナリーが世界中にある

バイナリーオプションの業者というのは、世界中に存在しています。今はインターネットが普及している関係もあり、どの国の業者を利用するのか選択肢が豊富になっています。ネットの力を利用すれば、日本に居ながら世界中の業者を利用することが出来るのです。これは本当に素晴らしいことですし、有効活用しないのは勿体ないと思います。

こうした環境に置かれていると、ある疑問が湧いてくると思います。それは国内と海外では、どちらがバイナリーオプションを攻略しやすいのかというものです。少しでもラクな方を選択したいと考えるのが、投資家の本能だと思います。わざわざリスクをとって、自分の大事な資産を危険にさらすことは意味がありません。投資の世界では、ラクをするのが正解なのです。

国内バイナリー業者と海外バイナリー業者

国内にあるバイナリーオプション業者は、規制が厳しくなっています。法律的な規制なので、どうすることも出来ません。海外のように便利なツールも少なく、トレードの時間も長めになっています。これは投資家を保護するという名目で規制されているのですが、海外と比較して面白みに欠ける市場を展開しているように感じます。安全性を重視するのは日本の良い部分でありますが、それと同時に悪い部分でもあります。業者同士の競争率を考えたら、圧倒的に海外の方が有利だと思います。海外のバイナリーオプション業者は、規制が緩いこともあり、大変魅力的な条件でトレードすることが出来ます。

取引で勝つには攻略知識を蓄えデモ口座で練習すること

デモ口座もありますから、気になる業者があれば、まずはチェックすることからスタートしてください。国内よりも海外の方がトラブルが多いです。事前のリサーチをすることで、回避できることは多いので丁寧に実施していきましょう。攻略するためには、自分の得意分野を構築する必要があります。たとえばテクニカル分析が得意だったり、直感を活かして短期売買をしたり、個人によって様々です。自分が苦手なものにチャレンジするのは苦痛ですが、得意なことをやるのは楽しいと思います。

バイナリーオプションは取引ルールが色々ありますから、個性にあったものをチョイスしていきましょう。初心者はまずハイローからスタートしましょう。上がるか下がるかだけの判断なので、初心者でも理解しやすいです。海外のバイナリーオプション業者のなかには、ペイアウト倍率が2倍に固定されているところや、たった30秒でトレードが完結するところがあります。こうした条件を理解しつつ、ハイローのスキルをアップしていきましょう。そうすれば、自然と利益はアップしていくと思います。

海外バイナリー!攻略したけりゃコレを読め!

成功者への道のりは簡単ではないが誰にでもチャンスはある

海外バイナリーオプションに興味アリという方!うーん、お目が高いですね。現在日本で普通に売買できる金融商品のうち、最も利益をゲットしやすくまた、大きな損失を被ってしまう可能性がほとんどないと言えるのが海外バイナリーオプションなんです。この海外バイナリーオプションから投資をスタートさせるのが、長い目で見て最も効率的であり成功者になるための近道と言えるのです。

海外バイナリーオプションでは相場の上下を当てるだけで利益を得られるハイロー取引の他に、一回あたりの取引時間がたったの30秒や60秒といった短期間取引が用意されています。この短期間取引を使って相場の波に上手く乗れている時に一気に大きな利益を稼ぎあげるのが海外バイナリーオプション上級者なのです。

つまり、相場の波に上手く乗る機会が多ければ多いほど安全かつ大きく勝つことができるわけで、その波の乗り方を知ることが海外バイナリーオプションの最も有効な攻略方法というわけです

バイナリー攻略には勉強と練習の繰り返し

他のサイトでは海外バイナリーオプションの良い所を薄っぺらく紹介している事が多いのですが、当サイトでは骨太の無いようを心掛け、真正面から海外バイナリーオプションを私と一緒に攻略していくことをテーマとしています。時には「面倒くさいなあ。」とか「もっと簡単で手軽な方法を教えてくれよ。」と思うかもしれませんが、地味な勉強や練習こそ重要で、後々あなたの手にたくさんのお金をもたらしてくれます。

バイナリーオプションの攻略はオーソドックスな王道的な方法プラス、その王道を応用した裏ワザ的な方法の二種類があります。そしてこの両方をどちらもマスターすることによってどんな相場状況でもしっかりと利益を手に入れることのできるタフなトレーダーへと成長できるわけです。

バイナリーオプションは海外では極めて一般的で人気も高く、個人投資家が数多く参加している投資商品ですが日本ではまだまだこれから個人投資家の数も増えていくことと思います

投資は早く始めた者が絶対有利です。それは先行者利益として既にいろいろな場面で歴史が証明していることです。皆さんもいち早く海外バイナリーを攻略して、共に大きな財産を手に入れましょう!

バイナリーオプションの攻略法について

適当なやり方で勝てるわけがない

バイナリーオプションは2択の中からどちらに動くかを予想する投資であり他の投資に比べると取引のルールが簡単なものとなっています。しかし取引のルールが簡単とはいえどそこは投資の世界であり適当に取引をして勝てるものではありません。2択であれば50%、半分の確率で勝てると考えがちですがバイナリーオプションは1回の取引で手に入る利益は少ないものであり何回も取引をすることが前提となっている投資であり、何回も取引をする中で勝率が半分ではまず利益に期待が出来ず総合するとマイナスになってしまうのも珍しいことではありません。

確立的には50%だが勝率は50%になるわけではない

何よりも本当に50%になるとは限りません。何故なら予想が当たるかどうかは相場の動きによって定められ、相場の動きに偏りがある中で適当に取引をすれば勝率が50%を下回る可能性も出てきます(もちろん運がよければ上回る可能性もあるのですが)しかし相場の動きによって定められるということは逆に相場の流れを読むことができれば勝率を高くすることができるという話となります。

そのためバイナリーオプションの攻略法は様々ですが共通していえることは「相場の流れを読む」ことに繋がるのです。実際は相場の流れというものは絶対ではないため完全に流れを読むことは不可能であり勝率を100%にすることは不可能ですが、それに限りなく近いものにすることは可能です。

攻略の基本はテクニカル分析で相場の流れを掴むこと

基本的にバイナリーオプションの攻略として相場の流れを読むのであれば相場の分析をすることになり、その分析手法としてはテクニカル分析というものを利用します。テクニカル分析は過去の値動きから今後の相場の流れを読む分析方法でありバイナリーオプションだけでなく今までの投資でも相場の流れを分析するのに使われてきた基本的な分析手法です。バイナリーオプションで取引する相場も過去の投資とは変わらないためこのテクニカル分析が役に立つという話となります

テクニカル分析のやり方は様々でありチャートで表示されるローソク足を始めとして移動平均線やMACD、ボリンジャーバンドやRSIといったテクニカル指標を利用してすることになります。どの手法を利用するかはその人次第でありどれを利用するかで攻略方法も変わってきますが最終的に「勝つため」ということに繋がるのは変わりません。どれを利用するかはもちろんですが何も知らずに利用したところでそれを攻略として使えるわけがありません。そのため最初は取引を始めるのではなくテクニカル分析として使える情報に関しての知識と情報を集めていきましょう

こんな業者には気をつけよう!選んじゃいけない業者もあるぞ

国内業者と海外業者

バイナリーオプションの世界では国内業者と海外業者の間で雲泥の差があることが分かりましたね。基本的な規制やルールによる部分が大きいので国内業者だけを責めても仕方のないことなのですが、少なくとも現状では取引業者は海外業者の中から選ぶしかありません

しかし、海外業者の数もネットを検索してもらえればすぐに分かることですがとても多いのです。かなり昔からバイナリーオプションサービスを提供している老舗の海外業者もあれば、ここ数年や数ヶ月で日本市場に進出してきた企業まで様々です。基本的には長年人気となっている業者の方が安定感はあるのですが、新興業者の中にもかなり気の利いたサービスを提供している場合がありますので侮れません。

と、いうわけで今回は「少なくともこういう業者は避けた方が良いでしょう。」という業者選びのNGポイントについて解説していきたいと思います。まずは消去法で業者の選択肢を削っていこうという考え方ですね。

NGポイント①

業者選びのNGポイントその1は、「ペイアウト率が低い」です。ペイアウト率というのはバイナリーオプショントレードで予想が的中した際にトレーダーが手に入れることのできる利益率のことです。ペイアウト率が180%なのであれば、1000円の投資に対して1800円が払い戻されるという意味です。当然のことながらこのペイアウト率は高ければ高いほどトレーダーが儲かることになります。ペイアウト率は業者がそれぞれリアルタイムに独自に設定しているものですが、業者によっては常に200%や300%といったとても高いペイアウト率を固定的に提示している所もあります。しかし、その一方で160%前後のペイアウト率しか用意できないという業者もありかなり温度差があるのです。業者を選ぶ際には少なくとも平均的なペイアウト率が170%を越えている業者を選ぶようにしましょう。

NGポイント②

二つ目のNGポイントは「出金ルールが柔軟であるかどうか」です。特に初回入金時にキャッシュボーナスを受け取った際、その後の出金に制限が掛けられてしまうことが多いのですが、これが業者とトレーダーとの間に起こるトラブルの原因として一番多くなっているのです。キャッシュボーナスの金額の大きさだけに目を奪われてしまうと、かなり多くの取引回数をこなさなければ出金ができなくなってしまい不便な思いをする事があります。事前に出金条件はしっかりとチェックしてから業者を選ぶようにしましょう。

RSIで買われすぎ売られすぎが分かる

RSIの見方と購入ポイント

RSIはテクニカル指標においてオシレーター型に分類されるものです。オシレーターはトレンド型に比べると値動きをしているチャート上にそのまま情報を出すのではなく値動きとは別の部分に情報を表示するタイプとなっています。このRSIの場合は0から100の範囲を表示してその間は一本の線が動き回るものとなっています。この0から100が相場の傾向を表しており50が中心となってどちらでもないと表し、100に近い程上昇傾向、0に近い程下降傾向にあると表しているのです。

更に具体的にいえば売買の強さを表すものと考えることができ、基本的に70を超えた場合には買われすぎ、30を超えた場合には売られすぎと判断されます。場合によっては80、20で判断されることもあるのです。相場においてこうした買われすぎ、売られすぎはあまり好まれるものではなく大抵はそのラインに入ると反発して反対の方向に行きやすくなります。そのためRSIの使い方としては70に近くなったら反発して下がると予想、30に近くなったら反発して上がると予想をして逆張りで取引をするというスタイルが取れます。

しかしこの手法は相場が平坦な動きをしている、レンジ相場である時限定でありトレンドが発生しているとその買われすぎ、売られすぎを無視して反発せず突き抜けることが多いです。そのため逆張りで活用するのであれば相場においてトレンドが発生していないかどうかを確認する必要があります。もちろんトレンドはいつ発生するか分からないためその辺りの相場の強さも確認しておいた方がいいでしょう。

RSIのダイバージェンスとは

基本的にRSIは相場の流れに沿って上下しますが時には値動きの方は上昇しているにも関わらずRSIの方は下降しているという現象が見られます。これがテクニカル分析におけるRSIのもう1つの利用方法でありダイバージェンスと呼ばれるものでこれが発生した場合は近いうちにRSIの動き通りに値動きの方も同じ方向へと向かいやすくなります。あまり見ない現象であるためにこのダイバージェンスは非常に強力なシグナルであり、この現象が起きたらRSIの方向に注意しながらその方向へと張る準備をした方がいいでしょう。

見ての通りに基本的な使い方が逆張りとなっているためそのまま利用すると勝率として不安定になることが多いです。しかしダイバージェンスを待つとなると必然的に取引回数が少なくなってしまいます。それを考えるこのRSIは意外と扱いが難しいテクニカル分析であるため初心者はこれよりもMACDといった他のオシレーター型を利用した方がいいかもしれません。

ハイロー取引攻略

ハイローはバイナリーを代表する取引ルールになります。ハイローという名前から分かるように、指定された時間に価格が高くなるか低くなるかを当てる投資になります。これはすごくシンプルなルールですが、大きなリターンを期待できる投資なのです。

バイナリーオプションと一言でいっても、様々な取引ルールがあります。自分の得意なものを見つけることで、利益を伸ばすことが出来るでしょう。ちなみにハイローを攻略するポイントは、トレンドを把握して順張りすることです。やはり投資戦略のおすすめは、順張りになります。逆張りは上級者向けですし、出来ればやらない方が良いと思います。トレンドは一定方向に進む傾向にありますから、順張りがハイローにピッタリなんです

トレンドを把握するためには、移動平均線を利用するようにしましょう。移動平均線は各バイナリー業者のチャートに表示させることが可能です。移動平均線が上がっていれば上昇トレンドですし、下がっていれば下降トレンドです。

他にも攻略方法はあると思いますが、基本はシンプルな順張りが良いと思います。感覚的にどうやって攻略するのか掴むようにしましょう。繰り返しトレードしていれば、自分の得意なスタイルも分かると思います。

シグナル狙いの予想

ボリンジャーバンドとRSIはテクニカル分析であり、どちらも種類としては値動きの範囲を表示するものであるため逆張りに使うものだと思われがちですが、実際には取引のシグナルを確認することかでき、その後の値動きを予想して取引を狙うことができる種類であるのです。

ボリンジャーバンドは上下共に3本の線が表示されており、現在の値動きの位置から離れるほどその線を越えるのが困難とされるテクニカル分析です。線を越えることが滅多にないため逆張りで使われがちではありますが、実際は順張りとして利用できるものであり、狙いとしては線が広がって、値動きが1本目と2本目の間を動くように上昇、もしくは下降している時です。この間は線の間で動くと予想ができるため一種のシグナルとして取引をする狙い目とすることができます。

線が広がってと書きましたが、どちらかというとそれまで線の範囲が非常に狭くなっているときに広がる時がそれまでの動きに変化が出てきたということもあり、狙い目となっています。

RSIは値動きではなく別のところに表示されるタイプのテクニカル分析であり、0から100の範囲を線が動くものです。基本的に100に近いほど買いが多い、0に近いほど売りが多いとなっており、反発する可能性が出てきます。こう書けば逆張りで利用するテクニカル分析と感じますが、シグナルとして役割を果たすのは「ダイバージェンス法則」なるものが発生した時となります

これが発生した時は値動き通りではなく反対に動くものであり、これが起こった時は大きな反発が起こることが予想されるため、シグナルとして反発の方向に順張りを狙うことができます。

一目均衡表とMACDはテクニカル分析の一種であり、これらは取引の狙い目を見つけるために使われるテクニカル分析です。

一目均衡表

一目均衡表は基準線・転換線・遅行線の3本の線と先行スパンで作られた雲で構成されるテクニカル分析です。最初に確認するのは雲であり、この位置と厚さがどうなっているかがポイントです。

値動きの下にあれば上昇、上にあれば下降傾向の相場であると判断でき、雲が薄ければ相場としては弱く、厚ければ強いものと認識することができます。薄いと傾向を確認できても意味がないため、一定以上の厚さがある時が取引の狙い目と考えた方がいいでしょう

そして3本の線は取引の狙い目を表すものであり、転換線が基準線を突き抜ければ売買のシグナルが出たといえます。下から上に突き抜けて上がるのであれば買い、上から下に突き抜けて下がるのであれば売りのシグナルです。しかし基準線が同じ向きを向いていなければ意味がありません。

MACD

MACDの方は値動きとは別のところに表示されるテクニカル分析であり、二本の線が現在のトレンドと取引のタイミングを分析してくれます。二本の線とも上にあれば上昇トレンド、下にあれば下降トレンドであると判断できます。何よりもこのMACDはクロスによる取引の狙い目を判断するのがポイントであり、どちらかの線がもう片方にクロスすれば転換を現して売買ポイントとして働きます。