バイナリーの必須知識

悪質バイナリーオプション業者!どんな被害が起きてるの?

バイナリー投資家の危険な目にあった話

悪質な海外バイナリーオプション業者、詐欺的な海外バイナリーオプション業者を使ってトレードを続けていると具体的にはどのような手口によってお金を奪われてしまうのでしょうか。今回、記事を作成するにあたってたくさんの個人投資家から話を伺ってきました。その内容をまとめ、皆さんに情報提供させて頂きたいと思います。

トラブル①:出金拒否

まず、最も多いのが「出金拒否」です。バイナリーオプションには特殊なルールがいくつかありますが、その中でも理解されにくくまた複雑なのが出金に関するルールです。悪質な海外バイナリーオプション業者は初回入金時にとてつもなく大きなキャッシュボーナスを付与してくれる場合があります。ただ、そのボーナスを受け取ってしまうとほぼ現実的には不可能な額のトレードをこなすまで口座内の資金全額に出金制限が掛かってしまうのです。

普通の業者であればそれなりにトレードをこなしていれば自然と達成できてしまうくらいのトレード額しか求められないのですが、そもそも出金に応じるつもりのない悪質業者の場合、途方もない額を提示し出金申請があっても拒否してしまうのです。こちらから文句を言っても「ルールですから」の一点張りですし取り付く島もありません。

トラブル②:レート操作

また、「レート操作」による被害も数人のトレーダーから確認できました。レート操作とはオプション購入の約定レートや勝敗決定時のレートを微妙にトレーダーにとって不利な方向に操作されてしまうことで、言い換えると勝率操作とも言える悪質な手口です。これはある程度しっかりとした取引システムを構えていないと実現できない方法ですから、業者側は複数のサイトを違う名前で同時に運用しつつ荒稼ぎしているのでしょう。

レート操作といっても毎回行うわけではなく、またあからさまに勝率を低下させるわけでもないので断定することは極めて困難です。「レートを操作しているだろう」と言っても「そんなことしてません。証拠でもあるんですか。」と返されて終わりです。こんな連中と争っても一銭の得もありませんからとにかく悪質な業者には近づかないのが一番の得策なのです。悪質業者が存在することはおそらく間違いありませんので油断しないようにしてくださいね。

バイナリーオプションで勝つ為に必要なこと

運だけで勝ちを継続することはできない

バイナリーオプションは短期間で成果の出る投資として、かなり人気が高くなっています。とくに今まで投資は難しいと思っていた層に人気があり、初心者でも安定したパフォーマンスを出しやすいと評判です。もちろん勝つ為には、それなりの戦略が必要になってきます。初心者がたまたま運が良くて利益を出すケースがありますが、それではただのビギナーズラックで終わってしまう話です。継続して利益を出すことが大切になります。やはり何事にも通じる話なのですが、継続することが大変なのです。この部分を理解して、対策をたてることがバイナリーオプション攻略のひとつのポイントになります。

バイナリーオプションで勝つ為には、根拠のあるエントリーポイントを明確にする必要があるでしょう。これは何が言いたいのかというと、運任せで適当にタイミングをみて投資しても、安定して勝つことが出来ないわけです。エントリーするポイントとしては、テクニカル分析でタイミングを測ったり、ファンダメンタル分析をして、将来の動きを予測してポジションを取ったりするやり方があります。

どちらにしても、自分にとって根拠があることが大切になります。根拠が無いのにポジションを取ってしまうと、あとで反省することが出来ません。つまり次につながるトレードをすることが出来ないのです。繰り返しトレードをすることになりますから、絶対に次に繋がるやり方の方が良いと思います。

トレードノートで戦略を蓄える

バイナリーオプションで勝つことを考えたら、ちゃんとトレードノートを書くことも忘れないようにしてください。人間は忘れやすい生き物ですから、ノートに記入しておかないとすぐに忘れてしまうと思います。これではキャリアを積んだとしても、思うようなスキルアップは出来ないと思います。しっかりスキルアップしていくことで、自信がついていきますから、落ち着いて投資が可能になるのです。バイナリーオプションで利益を出している人は、無理のない戦略を立てています。どんなに完璧な戦略を作ったとしても、それを実行できなければ意味があります。どんな内容なら自分が実行できるのか、そういった判断力も投資家には要求されるものになります。

もし自分がどういったやり方が適切なのか分からないようなら、経験者にアドバイスを求めても良いと思います。あらゆるやり方を試して、自分の利益を最大化するように工夫していきましょう。やればやるほど、バイナリーオプションはリターンが増えていくので面白いと思います。

バイナリー詐欺は口コミをチェックしよう

投資に対する気持ちとリスク対策

今の時代は情報収集の基本はインターネットになります。インターネットはリアルタイムで情報を入手することが出来ますから、非常に便利なツールなのです。投資の世界で情報が不足してしまうと、損失を出すリスクが高くなります。こうした不利な状況では、自分の資産を思うように増やすことは出来ないでしょう。スムーズに資産構築を目指している人ほど、積極的に情報を入手するようにしてください。

効率よくお金を稼ぐ手段として、バイナリーオプションは注目されています。このバイナリーオプションの詐欺情報はインターネットで入手していきましょう。詐欺の被害にあってしまうと、投資に対するモチベーションが下がるのは当たり前ですが、失ったお金を取り戻すまで時間も失うことになります。人間に残されている時間は有限ですから、この限りある資源を無駄にすることは絶対にしてはいけません。

身を守るための徹底的な詐欺被害の調査

バイナリーオプションの詐欺の被害をリサーチしていくと、海外の業者に騙されるケースが圧倒的に多いようです。つまり日本国内のバイナリーオプション業者は、比較的安全だということが出来ます。日本の業者からスタートして、慣れたら海外の業者にチャレンジするというのは戦略としてアリだと思います。焦ることはありませんから、順番にステップアップしていけばOKです。焦ってしまうと、失敗する確率がアップするので気を付けるようにしましょう。口コミの信憑性というのは、判断する際にかなり重要になります。万が一、口コミがウソだった場合、間違った判断をしてしまうことになります。こうしたリスクを避けるには、複数の口コミをチェックするようにして、それぞれを比較してください。ひとつだけの情報源では、正しい判断が出来ないことが多いのです。

バイナリーオプションに関する情報は、年々驚くようなスピードで増加しています。情報量が多くなると、当然間違ったものも増えていくのです。投資というのは、昔から詐欺との戦いという側面もありました。無知であることは、大きなリスクなのです。最初は誰でも初心者ですが、知識をつけて投資家になっていくようにしてください。詐欺の業者は必ず存在しています。

今まで被害にあったことが無い人は、本当は存在していないのではないかと疑っているかもしれません。そういった気持ちを持っていると、スキが生まれて騙されやすくなるのです。自分の資産を守ることですから、常に警戒心を持っているくらいでちょうどいいと思います。それが生き残るために必要なメンタリティーなのです。

厳選テクニカル分析!初心者はまずこれだけは覚えよう!

覚えることが多くて難しそうと思われがちなテクニカル分析

テクニカル分析はバイナリーオプショントレーダーにとって避けては通れない分野です。やはり外国為替の値動きはテクニカル分析によって掴みやすいのである程度手間と努力を惜しまず勉強したほうが必ず大きな利益となって返ってきてくれます

ただ、ネットでテクニカル分析の方法を検索してみてもとにかくその数の多さに初心者は圧倒されてしまうことでしょう。テクニカル分析にはトレンド系やオシレーター系、そしてその他の手法までを合計すると100種類近くにもなります。それら全てをマスターするには何十年も掛かるでしょうし、実際にマスターしている人など皆無だと考えて間違いありません。

分析ツールは自分にあったものを選ぶこと

テクニカル分析はあくまでもその一つ一つがアイテムでありツールです。ツールを全て揃えなければ戦えないわけではなく、自分と相場にピッタリ合う分析手法がしっかり身についていればそれで十分なのです。

そういう意味で、初心者はまず簡単かつ応用範囲の広い分析手法を身につけるのが先決です。応用の効きやすいテクニカル分析はなんといっても「移動平均線」でしょう。オシレーター系、トレンド系に関わらずそのほとんどは移動平均線をどのように加工するか、によって成り立っているのです。

基本応用どちらも対応できる移動平均線

移動平均線とは特定の時間軸ごとの終値を平均し、チャートとして繋いでいったものです。時間軸を変えることにより、分足から月足まで、長短期から超長期まで幅広い目線で相場を俯瞰することができます。

この移動平均線は単独で見るよりも複数の時間軸を同時に表示しその動きの違いによって相場の変化を見極めるほうが合理的です。例えば短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上へと抜く(ゴールデンクロス)場合は相場の上昇力が高まっていると考えられますし逆に短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上へと抜く(デッドクロス)場合は相場は徐々に下落傾向を強めていると判断できるのです。

初めのうちは移動平均線を見ても何も感じないかもしれません。しかし、実際に毎日移動平均線をチェックしながら相場と向き合っていると「あ、この動きを示唆していたんだな」と思い当たる事が度々起こるはずです。そのような感覚の積み重ねがあなたの移動平均線を読み解く力を自然にアップさせていきます。ですから、とにかく、毎日いろいろな移動平均線を休むことなくチェックするようにしてください。継続は力なり!ですよ。

相場の値動きは時間帯によって変わる

バイナリーオプションは投資であり、投資は勝手に動くのではなくその取引対象となる銘柄に投資をするトレーダーからの売買があって動くものです。どのようなトレーダーが参加するかどうかで動きも変わってくるものであり、そのために時間帯によって動きが変わってくるのです。この時間帯による流れの変化もバイナリーオプションを攻略したいと考えるのであれば把握しておきたいポイントとなっています。基本的に相場の時間帯は大きく3種類に分けることができます。

■東京市場

最初は東京市場でありこれは日本の時間帯において朝から夕方、16時程度までを指します。この時間帯は他の国のトレーダーが参加することは少ないため相場の流れも緩やかであり大きく動くことは少ないです。しかし何かしら大きな情報があればこの時間帯でも動く可能性が存在することには気をつける必要があります。その情報を考えずにこの時間帯において動きが出てくる可能性が高い時間としては9時から11時辺りとなっています。そのため取引するのであればこの時間帯を狙うのがいいでしょう。

■ロンドン市場

次がロンドン市場でありその名の通りにヨーロッパのトレーダー達が参戦してきます。時間帯としては16時辺りから深夜2時辺りの範囲であり、ヨーロッパ勢が参戦してくるため相場の動きも東京市場に比べると大きくなる可能性が高く、場合によってはその東京市場での流れがこの時間帯になることで大きく変わってしまうこともあります。変わる可能性を考えるとロンドン市場が始まる境目で乗り越しで取引をするようにしない方がいいでしょう。

■ニューヨーク市場

最後はニューヨーク市場であり深夜10時から深夜を通す時間帯が範囲となっています。このニューヨーク市場は大きな影響力を持つ投資のトレーダーが介入してくる時間帯であり全ての相場の中でも最も動きが激しくなりやすいとされています。動きが激しくなりやすいためにその流れを予想するのは難しいことであり、差額の利益が期待できるFXであればそれを読むことができればチャンスとなりますが、バイナリーオプションの場合には上下に振り回されて損失が出てしまう危険性の方が高いです。

しかし逆に大きく動くということはワンタッチの取引ルールにおいては指定されたラインに到達する可能性があるということにもなります。必ず到達するとは限りませんがワンタッチを始めとしたラインに到達する系統の取引ルールを利用するのであればチャンスともいえる時間帯です。基本的にバイナリーオプションで取引していくのであれば東京かロンドンのどちらかの市場で取引するのがいいです。

ファンダメンタル分析

ファンダメンタル分析は相場を見るのではなく、経済や政治といったニュースの情報から相場がどう動くかを予想するものです。現に外国為替は通貨を扱う市場であるため、通貨に関わる情報があれば何かしらの影響が出てそれが値動きとして出てくる場合があります。このニュースでの値動きはテクニカル分析の法則も容易く無効にしてしまう程の動きをする時もあるため、投資をしていくのであればこの分析を利用するのも避けられません。

自分が取引する通貨に関わるニュースを集めるのが一般的ですが、基本的には業者側が提示する経済指標を中心に取引の分析をしていくことになります。経済指標は経済に関する発表をするものであり、大抵は発表時間が決まっているものです。そして時間が来ればその情報によって投資家達が動くため、チャートを見れば分かると思いますが、その時間帯は異常な動きになっていることが多いです。

しかし、必ず動くわけではなく、動いたとしても少しだけということもあるため、単純に経済指標が来たら動くと思わず、それまでの情報のことも考えて判断しなければいけません。

ファンダメンタル分析を利用するのであれば、おすすめとしては雇用統計の時を狙うのがいいでしょう。雇用統計は月に1回存在する経済指標の中でも特に重要な指標であり、これが発表されたらほぼ確実に大きな動きをするのは間違いないです。場合によっては普段は狙えない高額な利益を狙える可能性もあるため、これがいつあるかを確認しておき、当日は時間が来るまで待機しているといいでしょう。

テクニカル分析

テクニカル分析とは過去の値動きから、相場がこれからどう動くかを予想する方法であり、基本的に相場の分析はこれを利用していくのが一般的となります。

テクニカル分析自体は現在では多様な種類が存在し、最も基本的で他の種類へと派生元となったものとしては移動平均線があります。こちらは短期・中期・長期と過去の値動きから計算して3本の線を形成するものであり、移動平均線自体が抵抗線として機能する場面も多いため、これを見るだけで現在の相場の傾向を判断することができます。

また、線がクロスした時を売買のシグナルとして取引のタイミングを見計らうこともできます。他にもグランビルの法則という売買するポイントを見極めるものがありますが、こちらは実際に調べて確認した方が早いでしょう。

移動平均線に限らず基本的には線の動きや位置から相場の傾向と取引のタイミングを見計らうものばかりです。

おすすめとしてはボリンジャーバンドを挙げさせていただきましょう。これは3本の線が範囲ごとに表示されて、それぞれの線を越える確率はかなり低いものと設定されています。その特性のためか逆張りで使われることが多いですが、その真価はトレンドが発生している時であり、トレンド状態の時は1本目と2本目の間に値動きをするため順張りとして使うことができます。

実際にどんなテクニカル分析がその人に合うかは取引スタイルとその人の感性によっても変わってきます。色々試してみて、自分に合うと感じるテクニカル分析を探してみるといいでしょう。

トレンドとローソク足

チャートを見る上で大事なのはトレンドとローソク足の状態です。トレンドは相場の値動きが偏っている状態になっており、値動きが分かりやすい状態になっているため取引の際に予想がしやすい状態となっています。上がっているのは上昇トレンド、下がっているのは下降トレンドいい、上昇トレンドの時は安値と安値、下降トレンドの時は高値と高値を一本の線で結んでトレンドラインを形成し、ラインを目安にして取引をしていくのがいいです。

ローソク足は実体と呼ばれる四角い物体とひげと呼ばれる一本の線で構成された時間帯の値動きを表す情報源です。このローソク足の状態によって相場の傾向とこれからの値動きを予測することができます

ローソク足の実体は陽線と陰線の2種類があり、このどちらの種類が割合として多いかで現在の相場が上昇か下降、どちらの傾向にあるか把握することができます。更にひげがない状態の丸坊主の場合は種類に沿った動きをするため、必ずではありませんが丸坊主になった時は取引のチャンスともいえます

逆にひげがある場合はひげの長さによって予想ができ、ひげが異常に長い方向は反発の力が強いため、逆の方向に動きやすい状態です。しかし陽線か陰線、そして直前のローソク足の状態によっても本当にその通りの動きをするとは限らないため、全体を見てローソク足の軌跡を確認して判断することも大事です。